アスファルトコンクリートとは

更新1019

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. アスファルトコンクリート

アスファルトコンクリート

アスファルトコンクリートとは建築材料の一種で、アスファルト骨材・フィラーを混ぜたもの。舗装の材料や補修材として使われ、アスファルト合材アスファルト混合物ともいわれる。建築現場ではアスコンと略されることも多い。

主に道路の舗装手段として用いられるが、堤防表面の防水にも用いられることが多い。近年は、安定性や耐久性を高めるために、ゴムや樹脂が混ぜられたアスファルトコンクリートの実用化なども研究されている。

アスファルトコンクリートの構成

粗骨材(5mm以上の粒が、全体の85%以上含まれている砂利・砂の総称)
細骨材(全ての粒が10mm以下で、そのうち85%以上が5mm以下である砂利・砂の総称。)
アスファルト
・フィラー(石灰岩などを非常に細かく砕いた鉱物質微粉末)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる