粗骨材とは

更新329

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 粗骨材

粗骨材

粗骨材(そこつざい)とは、5mm以上の粒が全体の85%以上含まれている骨材。配合設計などに表記する際はG(砂利の英語表記であるgravelの頭文字をとる)と略す。コンクリートをつくる際に用いられる。

なお、全ての粒が10mm以下かつ、そのうち85%以上が5mm以下の骨材細骨材といわれる。細骨材モルタルを作る際に用いられる。

粗骨材の例
川砂利、山砂利、海砂利、火山砂利、砕石など

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる