アスファルト合材とは

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. アスファルト合材

アスファルト合材

アスファルト合材とは、アスファルト骨材とフィラーを混ぜたもので、舗装の材料や補修材として使われる建築材料の一種である。アスファルトコンクリートアスファルト混合物ともいわれる。道路の舗装によく用いられ、アスファルト合材を用いた舗装アスファルト舗装といわれる。

アスファルト合材には、以下の3種類がある。

・材料を加熱して混ぜ合わせるタイプ

・乳化剤を加えたアスファルトと水と骨材を常温で混ぜ合わせ、アスファルトと水が分離することによって強度を得るタイプ

・また溶剤を加えて常温で混ぜ合わせ、溶剤の気化によって強度を得るタイプ(カットバック・アスファルトといわれる)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる