アスコンとは

更新326

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. アスコン

アスコン

アスコンとはアスファルトコンクリートの略称で、建設現場などで使われる呼称。アスファルトコンクリートは、アスファルト骨材などが混ぜられてできた建築材料で、舗装の材料や補修材に使われる。アスファルト混合物アスファルト合材ともいわれる。
アスコンを使った舗装は、アスファルト舗装といわれる。

アスコンの構成物
アスコンは、全体の9割が骨材によってできている。残りの1割は、骨材の間を埋める充填剤の役割を担うアスファルトとフィラー(鉱物質微粉末。アスファルトと混ぜることで、アスファルトの粘度を高める)の混合物である。
骨材には粗骨材細骨材の2種類があるが、アスコンにはどちらも含まれている。

粗骨材…5mm以上の粒が、全体の85%以上含まれている砂利・砂の総称。
細骨材…全ての粒が10mm以下で、そのうち85%以上が5mm以下である砂利・砂の総称。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる