MDFとは

更新721

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. MDF

MDF

MDFとは中密度繊維板(medium density fiberboard)の略称で、細かい材木チップを原料に使用した木質の建材の一種である。中質繊維板ともいわれる。

中密度繊維板のように、木片や材木チップと合成樹脂を混ぜて高温でプレスして作る木質の建材は、このほかにパーティクルボード配向性ストランドボードがあり、これらはまとめてファイバーボード成型板)と総称される。

MDFは、スギやマツ、またリサイクル素材によって作られることが多い。材木チップと混ぜ合わせる合成樹脂の種類を変更することで、さまざまな特性を持ったMDFをつくることができ、安価で簡易的な建材から、住宅の耐力壁に使用できるほどの重厚な建材にまで加工が可能である。

MDFが実際に利用されるケースは、木材の厚みが求められる家具が求められる場合が多い。断熱性や遮音性、重量が求められる、家具の扉やカーテンボックスなどに用いられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる