成型板とは

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 成型板

成型板

成型板とはファイバーボードの別称で、木片や木材チップなどを原料に、細かい植物繊維を集めて作った木質の建材の総称。材木を繊維レベルまでほぐして使うため、どの材木を使わなければならないなどの細かい決まりが存在しない。端材や廃材なども活用できる、環境に優しく経済的な建材として注目を集めている。

主に、断熱材や吸音材、家具の土台部分や化粧板(木造建築などで、人目に触れる部分に使われる建材)などに使用される。

成型板は、原料に使う木片の大きさによって名称が変わり、それぞれの板が持つ特性も異なる。名称は、木片の大きい順番に「配向性ストランドボードOSB)」「パーティクルボード」「中密度繊維板MDF)」と変わる。

成型板共通の特徴としては、均質であることや断熱性・吸音性に優れていること、通常の木材に比べて低価格であることなどが挙げられる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる