中質繊維板とは

更新1018

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 中質繊維板

中質繊維板

中質繊維板とは、中密度繊維板MDF)の別称で、細かい木材チップを集めて合成樹脂と混ぜ合わせた後、高温かつ高圧でプレスして作る建材。ファイバーボード成型板)の一種であり、その他のファイバーボードの種類であるパーティクルボード配向性ストランドボードと比べて木材の種類が小さい。

■原料
カラマツやスギ、ラジアータパイン(マツの一種)など

■長所
・軽量で、加工しやすい。
・反ったり、割れたりといった木材特有の特徴がない。
・均質である。
・安価である。

■短所
・水や湿気に弱いため、カビやすい。
※合成樹脂の種類を工夫するなどして、防水性の高い建材にすることも可能である。

■用途
家具の扉やカーテンボックスなど、木材としての厚みが必要な家具に使われることが多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる