耐力壁とは

更新328

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 耐力壁

耐力壁

耐力壁とは、地震や強風などの、横から加えられる力(水平荷重)に強い壁のこと。
同義語に「耐震壁」がある。木造建築の場合は「耐力壁」、鉄筋コンクリート造の場合は「耐震壁」と呼び分けられる。
※建築基準法では、構造の違いに関係なく「耐力壁」の表記が用いられている。

耐力壁の種類
・軸組み(建物の主要な骨組み)に筋交いブレース)を取り付けて作るもの
・構造用合板などを釘で打ち付けて作るもの
・鉄筋コンクリート製
・銅板製
など

耐力壁の長さ・量
必要最低限な耐力壁の長さ・量は、各建築物の構造計算によって算出され、定められている。
一般的に鉄筋コンクリート造の場合は、構造自体が非常に強固であるため、耐力壁は必要とされない。しかし、構造計算によって耐震性能が足りないと判定されたときは、耐力壁が部分的に作られる。

耐力壁の長所・短所
・長所…上記で述べたように、地震や強風などに強い建築物を造ることができる。
・短所…耐力壁周辺の柱が抜けやすくなる。
この短所をカバーするために、耐力壁を作った場合は補強金物を設置することが、建築基準法によって義務付けられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる