竹中工務店、超高性能コンクリートの極細柱「ペンカラム」を初適用

更新619

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 竹中工務店、超高性能コンクリートの極細柱「ペンカラム」を初適用

竹中工務店、超高性能コンクリートの極細柱「ペンカラム」を初適用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月06日 15:00

庇やバルコニーなどの開口部を支える柱を細くして建物を軽やかにデザイン
2018年3月2日、株式会社竹中工務店は、直径195mmのコンクリート極細柱「ペンカラム」(以下、同極細柱)を開発し、同社と野村不動産株式会社の共同事業として分譲中の集合住宅「ザ・マスターズガーデン横濱上大岡」(以下、同建物)に初適用したと発表した。

建物を軽やかなデザインにするために、庇やバルコニーなどの開口部を鉄骨の細い柱で支えることが多くあるが、鉄筋コンクリート造では、コンクリートと鉄骨といった異なる素材を接合するための対策や耐火被覆を鉄骨に施す必要性から制約があった。
極細柱「ペンカラム」の概要
同極細柱は、超高強度・高流動性・高耐火性・高靱性を兼ね備えた超高性能コンクリート(以下、APCコンクリート)を用いて、かぶり厚さ(鉄筋からコンクリート表面までの最短距離)を軽減し、直径195mmの細さを実現した。

同APCコンクリートは、コンクリートを緻密にして圧縮強度を高め、セメントに対する水の割合を極限まで小さくするとともに、粗骨材及び細骨材を厳選するなどにより、設計基準強度Fc300N/平方ミリメートルまでの生産技術証明を取得している。

また、同極細柱の長期荷重支持能力は約900kNであり、単体で1時間以上の耐火性能を有していることを耐火実験により確認しており、日本ERI株式会社において、部材としての構造性能評価を取得しているので、確認申請物件で使用可能だ。

なお、同建物は、神奈川県横浜市港南区上大岡に所在するRC造・地上4階、99戸の共同住宅で、建築面積3,632.66平方メートル、延べ床面積8,996.68平方メートルだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

竹中工務店 ニュースリリース
http://www.takenaka.co.jp/news/2018/03/01/index.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る