忙しくても転職できる! 転職成功の3つのポイント

更新1125

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 建設業界で転職する方法>
  3. 01章 忙しくても転職できる! 転職成功の3つのポイント

建設業界で転職する方法

01章 建設業界で転職するには

忙しくても転職できる! 転職成功の3つのポイント

この記事のまとめ

  • 転職成功者の80%は、仕事を続けながら転職活動している。
  • 「時間管理」と「相談」が、転職成功のポイント。

「今は忙しいから、落ち着く時期まで転職は待とう……」そんな風に考えて、時間が過ぎていませんか?

忙しい方が多い建設業界ですが、意外にも、当サイトで転職に成功した方の約80%は、仕事を続けながら転職活動をしていました。

彼らが実践した成功のポイントを知っておけば、いつでも、ラクに転職活動を始められます。いま忙しいあなたの今後のために、成功のポイントをご紹介いたしますね。

【参考】一般的な転職スケジュール

転職成功のポイントを知る前に、そもそも転職にどのくらい時間が必要か、実際の転職スケジュールを確認してみましょう。

建設業界における転職活動は、大きく分けて下記の7ステップ。企業探しから入社まで、2ヶ月~4ヶ月程度かかるのが一般的です。

転職活動、入社までの7ステップ

残業・休日出勤がある中で長期戦になるため、転職を断念する方が少なくありません。

【基本編】忙しい人の、転職活動のポイント

仕事と転職を両立させるポイントは、「時間管理」と「遠慮せずに相談する」こと。

忙しいと下記のようなことでつまずきがちです。一つひとつ、解決方法をみていきましょう。

つまずくポイント

  1. 1仕事疲れで、転職意欲がなくなる
  2. 2面接の日程調整が大変
  3. 3工期が長引いて、今後の予定が立てられない

1仕事疲れで、転職意欲がなくなる

「家に帰るのは深夜だから、転職活動よりも、寝ることを優先したい……」


▼こうやって解決!

  • 平日は活動できないと割り切って、休日にまとまった時間を取って転職先を探す。
  • 余裕があるときだけ、平日の夜や通勤時間を使って情報収集。大まかに企業をリストアップしておいて、休日に応募先を絞り込む。

2面接の日程調整が大変

「平日の昼間に面接を打診されても、仕事があるから予定が合わない……」


▼こうやって解決!

  • 有休を活用して、面接時間を確保する。
  • どうしても昼間に時間を作れない場合は、応募先の採用担当に「夜間の面接がないか」を相談する。

3工期が長引いて、今後の予定が立てられない

「入社できるのは、早くて2ヵ月先になってしまいそう。そんな状況でも、企業は採用してくれるのか……」


▼こうやって解決!

  • 面接時や、内定後のメール・電話のタイミングで、採用担当に相談する。

※実は内定から1ヵ月ほどは、入社時期の返答を待ってもらえるのが一般的。理由を添えて、遠慮せず相談しましょう。

【発展編】もっと、ラクに転職したいなら

対処法をいくつかご紹介したものの、これらを実践するのは大変ですよね。

そこで、転職活動を全般的にサポートしてくれるコンサルタント(相談員)がつく、『転職エージェントサービス』を使うのも一つの手です。

同じつまずきでも、サポートする人がいるだけで、格段にラクに対処できますよ。

1仕事疲れで、転職意欲がなくなる


▼こうやって解決!

日中、働いている時間帯に、コンサルタントが代わりに求人を探してくれる。

待っているだけで、何千・何万件もの企業から、希望にあったものだけを厳選してもらえるので、少ない時間で企業探しが可能に。

2面接の日程調整が大変


▼こうやって解決!

都合のいい日程を伝えれば、できるだけ有休を使わなくてもいいように、コンサルタントが面接予定を企業と調整。

自分でメールや電話をしなくても、必要な手続きはすべてやってもらえるように。

3工期が長引いて、今後の予定が立てられない


▼こうやって解決!

「不採用になるかもと思うと、言い出しにくい」そんな入社時期の悩みも、コンサルタントが代わりに企業と交渉。

「あなたを採用するメリット」なども伝えることで、入社時期の希望を叶えてくれるように。

「まだ、転職するかどうか迷っている」
「今よりいい職場に転職できるか、自信が無い」

そんな場合も、コンサルタントに相談するのはいかがでしょうか? あなたの希望や経験を伝えれば具体的なアドバイスをくれるので、気軽に活用してみましょう。

※当サイトでも、無料のエージェントサービスを提供しています。もし興味があれば、試しに相談してみませんか?

転職サポートについて問い合わせる

01章 建設業界で転職するには