住友倉庫が埼玉県羽生市内の情報記録管理専用倉庫を増設

更新326

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 住友倉庫が埼玉県羽生市内の情報記録管理専用倉庫を増設

住友倉庫が埼玉県羽生市内の情報記録管理専用倉庫を増設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年01月20日 23:00

首都圏の文書・磁気テープ・フィルム等を保管
株式会社住友倉庫(以下:住友倉庫)は、16日、埼玉県羽生市内にある「羽生アーカイブセンター第2センター」に、第2期倉庫を建設することを発表した。

羽生アーカイブセンター第2センターは、首都圏の文書・磁気テープ・フィルム等の情報記録管理専用施設として、平成24年1月に第1期倉庫が稼働している。

(画像はニュースリリースより)

平成27年6月竣工予定
今回、第2期倉庫を建設することにしたのは、この第1期倉庫における取扱量が当初の予想を上回って推移し、今後も需要の拡大が見込まれるため。これにより、同社はさらなるアーカイブ事業の拡大を図る。

第2期倉庫は、鉄筋コンクリート造り4階建てで、第1倉庫の東側に増設される。延べ面積は23,200平方メートル。平成26年5月着工予定、平成27年6月竣工の予定となっている。

情報管理・保護に自信 災害にも備える
第2期倉庫は、第1期倉庫と同様、免震構造を採用、72時間対応の非常用自家発電設備を設置し、災害に備える。また、最新鋭のセキュリティシステムの導入により、情報の管理・保護に万全を期すなど、安全性・機密性を最大限に追求している。

住友倉庫は、企業活動におけるコスト削減と情報管理強化という2つの顧客ニーズを見据え、情報記録管理のアウトソーシングを提案してきた。建設予定の第2期倉庫の稼働を機に、今後、一層の事業展開が期待される。


▼外部リンク

羽生アーカイブセンター第2センター増設のお知らせ
http://www.sumitomo-soko.co.jp/images/topics/

株式会社 住友倉庫
http://www.sumitomo-soko.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る