東京建物株式会社、九州初の地下鉄駅直結・免震タワーレジデンスを着工

更新1019

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東京建物株式会社、九州初の地下鉄駅直結・免震タワーレジデンスを着工

東京建物株式会社、九州初の地下鉄駅直結・免震タワーレジデンスを着工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月14日 14:00

西新エリアの新たなランドマーク

2018年3月12日、東京建物株式会社は、福岡県福岡市早良区の西新エルモールプラリバ跡地(以下、同エリア)において、「Brillia(ブリリア)Tower西新」(以下、同建物)を着工したと発表した。

同建物は、複合開発プロジェクト「西新リボーンプロジェクト」において、既存建物である商業施設を減築して、増築する高層住宅であり、商業施設の開業は2019年秋の予定だ。

「Brillia Tower西新」の概要

同建物は、鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造、地上40階地下2階建・総戸数306戸で、延床面積約42,140平方メートル・最高高さ約137mであり、地上2階から6階部分に住宅専用の自走式の屋内駐車場を整備し、その上部の住宅部分との間に免震装置を設置した中間層免震構造になる。

また、地下2階の「西新」駅コンコースから接続するエレベーターで地上7階のエントランスホールを経て、地上8階以上の住戸までダイレクトにアプローチでき、最上階の地上38階(地上約126m)には、居住者専用の共用部としてビューラウンジやゲストルームを設け、玄界灘や大濠公園などの眺望を楽しむことができる。

さらに、地下2階の「西新」駅コンコースから商業施設を通じて地上への動線を拡充し、地下2階の食品スーパーや、食関連、生活関連のテナントを誘致する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京建物株式会社 ニュースリリース
http://pdf.irpocket.com/C8804/hI2W/SLvu/G9f1.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る