トッピング装置とは

更新1024

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. トッピング装置

トッピング装置

トッピング装置とは常圧蒸留装置の別称で、原油を大気圧よりも少し高い圧力で蒸留することで、掘り出した原油から灯油や軽油などのさまざまな成分を分離させるための装置。トッパー原油蒸留装置ともいわれる。

トッピング装置は、原油を加熱するための原油加熱炉、不純物を取り除くための脱塩装置、実際に蒸留を行う主蒸留塔、また蒸留後のナフサ・LPGの混合物を各成分に分解するためのスタビライザー(蒸留塔)によって構成されている。
トッピング装置によって蒸留された原油からは、オフガス・LPG・ナフサ灯油・軽油・重油の6種類の成分が分離される。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる