原油とは

更新921

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 原油

原油

原油とは精製前の石油であり、油田から採掘された後にガスや水分、異物などだけを除去した状態の粘性の液体。色は黒褐色、もしくは赤褐色で、成分のほとんどを炭化水素が占めている。地質時代に堆積した動物性プランクトンが、化石化した後に化学変化を起こすことによってできた、鉱物資源の一種である。

原油の成分
原油には、石油ガス、ナフサ灯油、軽油、残査油、パラフィン、アスファルトなどが含まれている。これらの物質は、それぞれ沸点が異なるため、常圧蒸留装置によって分離され、用途によって使い分けられる。また、原油には不純物として少量の硫黄、酸素、窒素、重金属類などの化合物も含まれる。

原油から分離した各成分は、防腐剤や灯油など、様々な用途に活用される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる