アジテータートラックとは

更新726

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. アジテータートラック

アジテータートラック

アジテータートラックとは、生コンクリート(フレッシュコンクリート)が分離しないように攪拌する機械が備え付けられたトラック。トラックミキサの一種であり、生コン車ともいわれる。

生コンクリートは放置すると成分が分離してしまうため、実際に流し込むまでは攪拌し続ける必要がある。そのため、生コンクリートを工事現場へ運搬する際は、アジテータートラックで攪拌しながら運ぶ。

アジテータートラックには、以下のような装置や部品が備え付けられている。

ドラム
生コンクリートを詰めるための、円筒状の容器。内部に螺旋形のプレートがついており、運搬中は常にドラム自体が回転し続けることにより、生コンクリートを攪拌することができる。

・ホッパ
生コンクリートドラムに詰めるための投入口。トラックの後部上方につけられる。

シュート
生コンクリートを、目的の場所へ荷降ろしするための樋(とい)。上下左右に動かすことができ、どんな場所にも運ぶことができる。

その他、荷降ろし後にドラム、ホッパ、シュートを洗浄するための水タンクや水ポンプ、汚水受け装置などが備え付けられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる