レジンテラゾーとは

更新624

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. レジンテラゾー

レジンテラゾー

レジンテラゾーとは人造大理石人研ぎ)であるテラゾーの一種で、種石と呼ばれる大理石を粉砕した粉と樹脂を練り混ぜ、天然の大理石に見えるように加工した人造石。樹脂テラゾーともいわれる。天然の大理石よりも低価格で、耐久性も高いため、建築現場などでの使用頻度が増えてきている。また、樹脂ではなくセメントを使って種石を固めたものは「セメントテラゾー」といわれる。

レジンテラゾー種石として使われる石材には、御影石や大理石、サンドストーン(砂岩)、安山岩、凝灰岩などがある。また、樹脂にはアクリル、エポキシ、ポリエステル等がよく用いられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる