エフロレッセンスとは

更新728

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. エフロレッセンス

エフロレッセンス

エフロレッセンスとは、コンクリートやモルタルの表面に出た、硬化した塩のこと。また、その現象を指す。コンクリートに浮き出た塩が白い花のように見えることから、百華現象(百華)ともいわれる。

エフロレッセンスの成分は、セメントに含有されている硫酸塩や炭酸塩である。これらが水に溶け、表面に現れて固まることでエフロレッセンスとなる。

エフロレッセンスには、コンクリートの乾燥によってできる「一次百華」と呼ばれるものと、乾燥したコンクリート内部に侵入した水分によって、成分が溶け出すことでできる「二次百華」と呼ばれるものの2種類がある。

エフロレッセンス自体に害はなく、通常は構造物の強度や耐久力にも影響しない。ただし、エフロレッセンスの原因が構造物にできたひび割れを通じて中にしみこんできた水分の場合(二次百華の場合)、放置すると構造物の内部の腐食に繋がることもあるので注意が必要である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる