不同沈下とは

更新722

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 不同沈下

不同沈下

不同沈下とは地盤沈下の一種で、建築物の基礎部分や建築物全体が傾いて沈下することを指す建築用語。地盤沈下の中で最も深刻で危険な現象である。不等沈下ともいわれる。
イタリアのピサの斜塔で起こった不同沈下が有名である。

不同沈下が起こると、建築物の骨組みである構造材が歪む。構造材の歪みは柱や梁の歪みに繋がり、構造クラック※を引き起こす原因にもなる。
構造クラック…建築物の基礎・構造部分に生じるひび割れのこと。建築物の耐性に影響するため、必ず補修しなければならない。

不同沈下の原因
・地盤が不安定
・建築の初期工程である埋土(まいど)・盛土(もりど)が不十分
※埋土・盛土…埋土は、くぼんだ地盤部分を土で埋めること。盛土は低い地盤や斜面に土砂を積むこと。いずれも平坦な地表を作るための工事である。
・大雨による地盤の弱体化、盛土の流出
・建築物の荷重の偏り など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる