筋交いとは

更新325

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 筋交い

筋交い

筋交いとは、ブレースともいわれる補強材の一種で、水平荷重(地震や強風によってかかる、横からの力)に耐える役割を担っている。工場や体育館といった、鉄骨構造の建築物に用いられる。
建築基準法によって、原則として1つの建物に一定以上のブレースを用いることが義務付けられている。ただし、耐震力が十分に備わっている建築物の場合(ラーメン構造の建物など)はこの限りでない。

筋交いを使用することで、水平荷重に強い建物を造ることができるという長所があるが、建物の開口部が狭くなるという短所がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる