真壁造りとは

更新1018

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 真壁造り

真壁造り

真壁造り(しんかべづくり)とは壁の施工方法の一種で、構造躯体である木材(柱)を目に見える状態に露出させる工法。柱が空気に触れているために通気性がよく、腐りにくく、耐久性に優れた施工方法である。一方で、壁が薄くなってしまったり、補強材である筋交いブレース)が入れづらくなったりといったデメリットもある。
また、真壁造りを施工するには高い技術が必要であるため、そのほかの壁の施工方法に比べて工費が高くなる傾向にある。

真壁造り以外の壁の施工方法には、柱を壁で挟んで隠す「大壁造り」がある。大壁造りは施工が容易であるほか、安価であるといったメリットがあるが、真壁造りよりも部屋が狭くなるなどのデメリットもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる