現存する世界最古の木造建築物 法隆寺 ~長寿命を支える補修技術~ | 建設・設備求人データベース

更新923

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 業界解説>
  3. 現存する世界最古の木造建築物 法隆寺 ~長寿命を支える補修技術~

現存する世界最古の木造建築物 法隆寺 ~長寿命を支える補修技術~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月09日

法隆寺は奈良県生駒郡斑鳩町にある聖徳太子ゆかりの寺院です。現存する世界最古の木造建築物として、飛鳥時代の姿を現在に伝えています。

朝鮮から伝わった建築技術

日本に仏教が伝わったのは、6世紀半ばです。仏教の伝来とともに、朝鮮半島から「造仏工」「造寺工」らが渡ってきました。そして、6世紀末には飛鳥寺や四天王寺などの本格的寺院の造営が始まりました。このころ朝鮮から日本に持込まれた建築技術は、それまでの日本にないものであり、壮大で異国的な美しさがありました。

法隆寺の建立

法隆寺は推古15年(607年)に創建されました。その後670年に火災で焼失しましたが、7世紀後半に再建されています。法隆寺の建物のうち、五重塔・金堂・中門・回廊の四つが現存する世界最古の木造建築物です。伽藍の中心である金堂は693年には再建していたとみられます。金堂、中門、回廊の柱には、エンタシスの柱が使用されるなど、飛鳥時代の様式を現代に伝えています。

1993年には、「法隆寺地域の仏教建造物」がユネスコの世界遺産に登録されています。

法隆寺に使われている桧(ひのき)

法隆寺の西側には宮大工が代々住み、技術を受け継ぎながら修繕や点検を行ってきました。近代以前では、13世紀、17世紀初頭、17世紀末に大規模な修理があり、それ以外にも屋根瓦の葺き替えなどが行われてきました。

近代では、第二次世界大戦を挟んで1934年から1985年まで昭和の大修理が行われました。すべての木材をいったんバラして、傷んだものを差し替え、再度組み立て直しました。

修理を行う宮大工は、金堂や五重塔の木材がかなり傷んでいるように見えたため、ほとんど新しいものに変えなければならないと予想していました。しかし、古びた柱を解体してカンナをかけると、その木材は、生の桧の香りが漂うほどの状態であったといわれています。実際に木材を取替えたのは、軒などの雨風に直接さらされる部分だけでした。

古材の強さを調べると、桧は木材の中で耐久性や保存性が最高レベルであり、伐採してから200年間は強くなり、その後1000年かけて徐々に弱くなるといわれています。法隆寺では、樹齢千年以上の桧が使われていることも長寿命につながっています。

長寿命を支える建築工法と補修技術

日本は高温多湿なため、木造建造物は常に、腐朽・蟻害、雨風などによる劣化の危険にさらされています。しかし、法隆寺の補修で取替が必要になったのは、柱の根元・軒先・屋根材料・基礎などの末端部分がほとんどでした。劣化している柱は根継ぎ法で修理し、その他の部材は矧木や継木によって新材への取替えを最小限にとどめることができました。その結果、法隆寺では、建物の骨格部分と内部には当初の木材を残すことができています。そして、取替えでも同一樹種、同一形状にすることで、かつての美しい姿を現在に残すことができています。

このように部分的な取替が可能なのは、日本の木造建造物の柱や梁が継手・仕口によって接合されているためです。これが、当初の技術や部材を生かしたまま建物を解体し、修理することを可能にしています。日本の木造建造物は、最初に建てる時に、後の解体修理を想定してつくられていたということなのです。

木造建造物は、劣化しやすい建築物ですが、適切な管理と修理を行えば、大きく変えることなく長期にわたって使用することができます。このことを法隆寺が証明しています。

【用語解説】

■法隆寺の五重塔の構造

五重塔は、高さ約32メートルで、檜(ひのき)が使用され、「積み上げ構造」といわれる建築様式で建てられています。塔の真ん中には、一本の柱がありますが、これは各階とは切り離されており、各階が単純に重ねてあります。そのため、地震の際は、各階が互い違いに揺れて、振動を吸収する構造になっています。この建築技術は、現代の最先端建築である東京スカイツリーにも採用されています。

■造仏工・造寺工(ほとけつくるたくみ・てらつくるたくみ)

造仏工は、仏像、仏画の制作を行う人であり、造寺工は、寺院の建築を行う人です。577年に敏達天皇の特使として百済に派遣された人物が、経論の他に造仏工、造寺工などを伴って帰国しています。

■伽藍

僧侶が集まり修行する清浄な場所のことであり、寺院の主要建物群を意味しています。伽藍を構成する建物として、山門、本堂、仏塔、講堂、庫裏、食堂、鐘楼、などがあります。

■エンタシス

円柱を下部から上部、または中部から上部にかけて細くした形状です。エンタシスの柱を下から見上げると、真っ直ぐに安定して見えます。古代ギリシャ発祥の建築方法であり、巨大建築物の柱に多く用いられています。法隆寺の柱にも用いられていますが、古代ギリシャとのつながりは証明されていません。

■矧木・継木

矧木は、木目に沿って幅方向に矧いで、つなぎ合わせる方法です。継木は、長さ方向に新しい材料で継ぎ足すことです。


阿部守様_紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加