シャープなど、モンゴル国初のメガソーラー事業に参画

更新1215

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. シャープなど、モンゴル国初のメガソーラー事業に参画

シャープなど、モンゴル国初のメガソーラー事業に参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年07月22日 03:30

モンゴル国にクリーンなエネルギーを供給
シャープは、7月19日、重光商事とモンゴル国の現地企業と組み、3社共同で、同国初となる太陽光発電所(メガソーラー)事業に参画することに合意し、ウランバートル市において調印式を行ったことを発表した。

プロジェクトの概要
新発電所は、モンゴル国ダルハン市内、敷地面積約29万1,000平方メートルの地に、今月下旬より建設される計画だ。

太陽電池モジュールの容量は10MW、年間予測発電量は約1万4,182MWh、CO2の年間削減量は、約1万4,746トンを見込み、12月の商業運転開始を目指す。

なお、このプロジェクトは、環境省が実施する二国間クレジット制度に基づく設備補助事業の採択を受けて推進。エネルギー源を主として石炭に依存する同国に、クリーンなエネルギーを供給し、温室効果ガス排出量の削減に貢献するとともに、日本の温室効果ガス排出量削減目標の達成にも寄与するものである。

長期にわたる安定稼働に貢献
シャープは、今回のプロジェクトにおいて、太陽電池モジュールや架台、インバーターなどの周辺機器の供給に加え、地域の自然環境に即した発電所の設計やエンジニアリングを手掛けるという。

同社は、今後もこれまでのノウハウを活かしながら、再生可能エネルギーの普及拡大に努める方針である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

シャープ プレスリリース
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/160719-a.html

重光商事 ホームページ
http://www.shigemitsu-shoji.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る