鹿島、CO2排出量が少ない「エコクリートBLS」を開発

更新724

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 鹿島、CO2排出量が少ない「エコクリートBLS」を開発

鹿島、CO2排出量が少ない「エコクリートBLS」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月11日 02:00

製造時のCO2排出量
鹿島建設は6月8日、二酸化炭素(CO2)の排出量が少なく、地上躯体にも使えるコンクリート、「エコクリートBLS」を開発したと発表した。

「エコクリートBLS」で使われるセメントは、製造時のCO2排出量が従来よりも25%少なく、建物の地上部にも使えるため、汎用性が高いのが最大の特徴である。普通のコンクリートと同程度のコストで製造できるため、経済面にも優れる。

ひびわれ、中性化しにくい高耐久のコンクリート
コンクリートは建築に欠かせない建設材だが、コンクリートの材料となるセメントを製造する際に、大量のCO2が発生する。このためCO2排出量が少ない、低炭素セメントを用いたコンクリートのニーズが高まっている。
 
低炭素セメントでは高炉セメントB種がよく知られているが、耐久性が低く、特に夏期の高温時に乾燥収縮が起こり、ひび割れの原因となるなどの課題があった。

今回、鹿島が開発した「エコクリートBLS」は、高炉セメントA種を改良したもので、製造時にCO2排出量を大幅に削減すると同時に、「中性化抵抗性」や「ひび割れ抵抗性」が高く、優れた耐久性を有する。

鹿島建設は今後、都内の生コン工場で「エコクリートBLS」の出荷体制を整え、新製品のさらなる普及を図る方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

鹿島建設株式会社のプレスリリース
http://www.kajima.co.jp/news/press

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る