芦森工業と共同開発したパレスシート工法(R)を液状化対策に展開、鹿島

更新220

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 芦森工業と共同開発したパレスシート工法(R)を液状化対策に展開、鹿島

芦森工業と共同開発したパレスシート工法(R)を液状化対策に展開、鹿島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月08日 04:00

パレスシート工法を共同開発
鹿島が芦森工業株式会社と共同で開発した、パレスシート工法(R)の展開を進めていくと発表した。

東日本大震災ではたくさんの基盤が被害を受けたのだが、その原因の一つとして液状化現象がある。土木構造物の多くは盛土形式で建設されているのだが、基礎地盤が液状化してしまうと不安定となった盛土が変形してしまう。

そうなった場合構造物が破壊されることもあるため、液状化が懸念される地盤上には液状化対策を行う必要がある。

コストを下げることも可能
特に災害時の避難路や復旧資材の輸送路においては、発生した後も重要路として機能し続けることが重要である。そのため安定性確保に加えて、不同沈下の影響による道路の途絶を防ぐことが重要だ。

今回共同開発したパレスシート工法は、軟弱地盤上の表層安定処理工法だ。内部にモルタルが充填された特殊なシートを用いることによって、局所的に発生する荷重を広い範囲に分散させる。

そうすることによって、陥没などの局所的に起きる沈下や不均一な沈下を抑制することが可能だ。

またパレスシート工法は、従来工法の3割程度の費用・工期で十分な効果を発揮することもわかっている。そのため鹿島は今後、コストダウンできる液状化対策工法として積極的に提案していく予定だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

鹿島 プレスリリース
http://www.kajima.co.jp/news/press/201503/5c1-j.htm

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る