アパグループ、東京・両国でアパホテル東京都心最大級の超高層タワーホテル着工

更新1218

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. アパグループ、東京・両国でアパホテル東京都心最大級の超高層タワーホテル着工

アパグループ、東京・両国でアパホテル東京都心最大級の超高層タワーホテル着工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年08月05日 15:00

東京・両国においてアパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉の起工式実施
ホテル事業を全国展開する総合都市開発のアパグループは8月3日、東京・両国において「アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉」の起工式を行った、と発表した。

地上31階建、客室数1,111室とアパホテル東京都心最大級
アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉は、東京都墨田区横網一丁目に位置し、JR総武線「両国」駅から徒歩3分、都営地下鉄大江戸線「両国」駅から徒歩4分、と交通利便性の高い立地である。

また、徒歩圏内に、国技館、江戸東京博物館、すみだ北斎博物館や隅田川の水上バス乗場など多くの東京観光名所が立地しており、ビジネスや観光拠点として最適なエリアである。

敷地面積約3,085平方m(約933坪)に、延床面積約25,170平方m(約7,614坪)の鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造で地上31階、地下2階建の超高層ホテルである。

客室数1,111室と、アパホテルが東京都内に展開する中では最大級のホテルになるという。

設計監理は株式会社新居千秋都市建築設計が請け負う。外観デザインは、両国の街と調和し、葛飾北斎の「新形小紋帳」をモチーフとした円形の石材を窓まわりに配置した。

地下1階には約660平方mの露天風呂付き大浴殿、4階には最大約260名を収容可能な約640平方mの大型レストラン、最上階の31階には展望レストラン、屋上テラスに屋外プールなどを設置する。

また、墨田区への地域貢献のため、2階に観光インフォメーションカフェ、3階には墨田区に無償貸与する防災倉庫を設ける。

建築施工は株式会社熊谷組首都圏支店、電気施工は株式会社中電工、設備施工は株式会社朝日工業社がそれぞれ担当する。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会前の開業を目指し、2020年春に開業予定とのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

アパグループのニュースリリース
https://www.apa.co.jp/newsrelease/15945

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る