JFEエンジニアリング、CFBボイラを利用したバイオマス発電プラントを受注

更新328

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 環境プラント>
  4. JFEエンジニアリング、CFBボイラを利用したバイオマス発電プラントを受注

JFEエンジニアリング、CFBボイラを利用したバイオマス発電プラントを受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月08日 16:00

バイオマス発電プラントのEPCを受注
JFEエンジニアリング株式会社は10月7日、フィンランドのバルメット社と業務提携後初めて、バイオマス発電プラントのEPC(設計・調達・建設)を、エム・ピー・エム・王子エコエネルギー株式会社(MOE)より受注した、と発表した。

バイオマス発電プラントには、バルメット社の最新のCFBボイラ技術を導入する。バルメット社は、CFBボイラの世界的リーディングカンパニーで、バイオマス専焼運転が可能な世界最大の260MWボイラの製作や250機を超える納入実績がある。

JFEエンジニアリングは2015年3月、バルメット社のCFBボイラを日本国内で独占供給する業務提携契約を締結。

CFB(循環流動層、Circulating Fluidized Bed)ボイラは、各種炭、建築廃材、廃タイヤ、製紙スラッジ、重油など広範な材料の燃焼が可能で、燃焼効率が高く、炉内での燃焼温度が低いためNOxの発生量が少ない装置。

約15万世帯の電力を賄う
受注したバイオマス発電プラントは、MOE社が青森県八戸市にある三菱製紙株式会社の八戸工場内に建設する。

バイオマス発電プラントは、バルメット社の最新のCFBボイラ技術により、75MW級としては最高水準の発電効率を有する。

バイオマス燃料として、木材チップ、PKS(椰子殻)などや石炭を使用し、CFBボイラからの燃焼ガスにより再熱復水タービン発電機で発電する。約15万世帯の電力消費量に相当する年間約5.3億kWhの電力を安定供給する。

2019年度上期の事業開始を予定。

今後もバイオマス発電プラントを推進する
JFEエンジニアリングとバルメット社は、今後もバイオマス発電プラントにより、安定した電力供給と地球温暖化の防止を目指す。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

JFEエンジニアリング株式会社のニュースリリース
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2016/20161007084536.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る