目標契約率とは

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 目標契約率

目標契約率

目標契約率とは、中小建設業者の受注機会の増大を図ることを目的に設定されている契約目標の比率のことである。

目標契約率は、技術や意欲があり、創造的な事業活動を行う中小企業を育成するための法律「官公需法」で決定される。2012年度の目標契約率は、前年度を0.1ポイント上回る56.3%に設定された。

中小企業の公共工事の契約実績比率は年々上昇しているが、公共事業の減少と競争激化は避けられないため、平等な受注の確保は難しいとされる。今後、中小建設業者の自立が求められる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる