ボイリングとは

更新222

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. ボイリング

ボイリング

ボイリングとは、液状化現象を起こした地盤や、地下水位の高い場所や地下水が流れている場所で起こる、地面から砂と水の混じった状態の泥水が噴き出す現象。噴砂(ふんさ)ともいわれる。
また、地下水の湧き上がりによってボイリングが起こった場合、その現象は「クイックサンド」といわれる。

ボイリングクイックサンドのいずれにしても、地盤は非常に不安定な状態になるため、その上に建っている構造物などは転倒・倒壊する危険がある。
ボイリングを防ぐ対策としては「地下水が流れている場所まで深く杭などを打ち込み、地下水が地盤の軟らかい部分に移動することを防ぐ」といったものがある。また、ボイリングを起こす可能性のある土地をチェックしたハザードマップの作成なども、大きな被害を防ぐためには有効である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる