建蔽率とは

更新524

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 建蔽率

建蔽率

建蔽率(けんぺいりつ)とは、敷地面積に対する建築面積の割合のことである。建蔽率(%)=建築面積÷敷地面積で算出される。
建築面積…建物を真上からみたときの面積のことである。

建蔽率は、都市計画で用途地域ごとに30~80%の範囲で制限が定められている。建築基準法上、原則として指定建蔽率を上回る建築面積の建物を建ててはならないことになっている。
例えば、100坪の土地で建蔽率が60%の地域の場合、最大60坪(100坪×60%)の建築面積の建物を建てることができる。建物の構造が制限される「防火地域」や、一定の要件を満たす角地では、指定された建蔽率の緩和措置があり、実質的に「制限なし」となる場合もある。

建蔽率による建築面積の制限は、敷地に一定の空地を残すことによって採光や通風を確保し、火災による延焼防止を図り、良好な市街地環境を整えるためのものである。

建築面積の基準となるもので、建蔽率の他に「容積率」がある。容積率とは、敷地面積に対する延床面積(建築物の各階の床面積を合計した面積)の割合である。例えば100㎡の敷地に、1階60㎡・2階40㎡・合計100㎡の建物があれば、その容積率は100%となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる