セメント水比とは

更新330

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. セメント水比

セメント水比

セメント水比(みずひ)とは、コンクリート配合における水とセメントの比率のことで、コンクリートの強度を決める重要なものである。建築用のコンクリートのセメント水比は、50~65%と定められていて、工場のコンピュータで計算して作られている。重量比では、水1に対してセメント約2を混ぜ合わせてつくられる。
コンクリートが固い場合、現場で水を加えることでコンクリートを柔らかくすることができるが、セメント水比が変わってしまうため、コンクリートの強度が低下してしまう。これでは、定められた配合ではないので、JIS規格が通らなくなってしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる