ケロシンとは

更新326

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. ケロシン

ケロシン

ケロシンとは灯油の別名で、石油を常圧蒸留した際に得られる成分である。一般家庭用の石油ストーブをはじめとした暖房機器・給湯器などの燃料として活用されている。

ケロシンの特徴
特徴は、以下の通りである。

・無色透明である。
・通常の引火点は40度以上だが、霧状になると常温でも引火の可能性がある。
・独特の臭気がある。
・水よりも軽く、水に溶けない。
・ガソリンと混ざると、引火の危険性が増す。 など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる