クラッシャランとは

更新724

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. クラッシャラン

クラッシャラン

クラッシャランとはクラッシャーランの別称で、岩石もしくは玉石を破砕機(クラッシャー)で砕いた、道路の路盤材に用いられる砕石の一種である。岩石や玉石ではなく、コンクリートの廃材を用いて作られるクラッシャランもある。

道路の路盤材に使用される砕石は、クラッシャランのほかに粒度調整砕石(砕石の一粒ずつを一定のサイズに揃えた砕石)がある。クラッシャラン粒度調整砕石に比べて安価な点が長所だが、粒度調整砕石の方がクラッシャランよりも締固めたときの支持力が強い。用途によって使い分けられており、下層路盤をつくる際にはクラッシャランが用いられ、上層路盤をつくる際には粒度調整砕石が用いられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる