粒度調整砕石とは

更新1024

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 粒度調整砕石

粒度調整砕石

粒度調整砕石とは、道路の路盤材に用いられる砕石の一種で、岩石や玉石をクラッシャー(破砕機)で砕いた後、ふるいにかけて粒の大きさを一定に揃えた砕石を指す。

道路の路盤材に使われる砕石には、粒度調整砕石以外に粒の大きさがばらばらの「クラッシャーラン」がある。粒度調整砕石クラッシャーランに比べて締め固めたときの支持力が強いため、上層路盤をつくるための路盤材として使われている。
クラッシャーラン…岩石や玉石をクラッシャーで砕いただけの砕石。主に下層路盤を作る際に用いられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる