最終沈殿池とは

更新725

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 最終沈殿池

最終沈殿池

最終沈殿池とは、下水処理場内における設備の一種で、汚水内から活性汚泥を除去する役割を持つ。反応タンク(ばっ気槽)の次に設置されている。

最終沈殿池の仕組み
最終沈殿池に送り込まれる水の中には、反応タンク内で有機物を分解・除去する役割を果たした活性汚泥が含まれている。最終沈殿池内の水流は遅くなるように調整されており、遅い流れの中で汚水は重力沈降の働きにより「上澄み」「活性汚泥」「汚泥余剰汚泥)」に分けられる。

汚濁物質が除去された上澄みはそのまま消毒施設に送られ、活性汚泥は再び反応タンク内に送られる(返送汚泥)。また、汚泥余剰汚泥)に関しては汚泥処理施設に送られ、産業廃棄物として処分される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる