接着式アンカーとは

更新728

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 接着式アンカー

接着式アンカー

接着式アンカーとは、構造物の基礎などを固定するアンカーボルトのかわりに用いられるようになった手法で、ボルトではなく薬剤を用いて基礎構造などを固定する。ケミカルアンカーや、試験管のような容器に入っていることが多いことからカプセル型接着系アンカーとも呼ばれる。

接着式アンカーの固定方法は以下の通りである。

・コンクリートにドリルで穴を開ける

・空けた穴に入った粉塵や切り粉を除去し、背嫡子記アンカーを挿入する。

先端を斜めに切った全ネジや異形鋼棒を打ち込み、接着式アンカーの容器を破壊する。

・化学反応が起こり固定されるのを待つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる