アンカーボルトとは

更新1215

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. アンカーボルト

アンカーボルト

アンカーボルトとは、木材や鋼材などの構造部材や、貯水タンクなどの設備機器を固定するために用いられるボルトで、コンクリートに埋め込んで使用する。
アンカーボルトを用いることで、部材や機器が分離や浮遊、移動することを防ぐことができる。

形状・長さ・太さは用途に応じて様々である。表面処理に関しても、何も施していないものや電気めっき・溶融亜鉛めっきを施したものなど、いろいろな種類がある。

アンカーボルトの施工方法は、コンクリートを打設する前にアンカーボルトを鉄筋に固定する方法が一般的である。この施工方法以外に、コンクリートの打ち込みたい位置にハンマードリルで穴を開け、開けた穴の部分にアンカーボルトを埋め込んだ後さらに打ち込んで固定する「打ち込みアンカー」といわれる方法や、埋め込んだボルトのナット部分を締め付けることで固定する「締付けアンカー」といわれる方法などがある。

また、近年ではアンカーボルトではなく薬剤でコンクリートを固定する「ケミカルアンカー」といわれる方法もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる