排水処理とは

更新325

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 排水処理

排水処理

排水処理は発生する廃水の種類と排水基準によって処理方法が異なる。工場や家庭からの廃水には様々な物質が含まれているため排水基準を順守した排水処理をし、川や海、下水に流す。 排水基準は水質汚濁防止法第三条第一項の規定に基づき、排水基準を定める省令(昭和四十六年六月二十一日総理府令第三十五号)、またはそれぞれの自治体で定める「水質汚濁防止法排水基準」がある。排水を浄化する施設を浄水場、水処理プラントと呼ぶ。

排水に含まれる汚濁物質には有機物や固形物、窒素・リンなどの栄養素、重金属やシアンなどの人や生態系に悪影響を与える有害物質、病原性微生物がある。これらの排水処理する技術には物理化学的方法と生物学的方法がある。物理化学的方法は重力やろ過、吸着などの物理的作用や化学反応による処理方法で、沈殿やろ過、化学薬品を使っての凝集、酸化還元などがある。生物学的方法は微生物を使った代謝反応による処理方法で活性汚泥法、生物膜法などがある。実際の排水処理は廃水に含まれている成分の種類や大きさなどを排水基準に照らし合わせ、いくつかの方法を組み合せて処理する。排水処理技術は含まれた汚濁物質を消失させるのではなく、「汚泥」という形で排出する。

排水処理の関連求人

排水処理の求人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる