アウトフレーム工法とは

更新1216

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. アウトフレーム工法

アウトフレーム工法

アウトフレーム工法とは、鉄筋コンクリート造の建築物を建てる際の工法のひとつ。
柱と梁を外壁に突き出すように作る工法である。アウトポールとも呼ばれる。
ラーメン構造の短所である「室内に柱と梁が張り出すことで、空間が狭く見える」「無駄な空間が多くなる」といった点を克服するための工法として、近年よく用いられている。特にマンションなどの建築物に見られる。

アウトフレーム工法の長所・短所
・長所…室内をスッキリとさせることができ、空間を有効活用できるようになる。
・短所…バルコニー側に梁が張り出すため、窓に一部梁がかかる。そのため、かかった分だけ室内への光が遮られる。
※ここ数年の間に、上記の日当たりの悪さを改善する「アウトフレーム逆梁工法」という工法も用いられ始めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる