ベトナムに空調機の生産工場を建設、ダイキン工業

更新522

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プラント・工場設備>
  4. ベトナムに空調機の生産工場を建設、ダイキン工業

ベトナムに空調機の生産工場を建設、ダイキン工業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年07月27日 01:00

新たに生産拠点を設立
ダイキン工業株式会社は7月22日、ベトナム社会主義共和国にて首都ハノイ近郊にある第2タンロン工業団地内に約100億円を投資し生産拠点を設立すると発表した。

新工場においては住宅用エアコンの生産を計画。タイやマレーシア、インドに次いでアジアでの新たな生産拠点として2018年4月より稼動を開始する予定だ。

アジアでは近年インフラ投資が活発になっており、海外企業が進出していることによって経済成長が続いている。そのうえ人口の増加や所得水準の向上にともなって、空調市場も拡大している。

需要の拡大に対応
そのためダイキンもアジアでの販売網を拡大し、サービス体制の強化を図っている。ベトナム、インドネシア、タイなどで順調に売上を伸ばしているところだ。

現在はタイやマレーシア、インドに生産拠点を構えてアジア地域の各国に製品を供給しているのだが、今後アジアでの需要が拡大するということから、その状況に対応する新たな生産拠点の検討が課題となっていた。

所得に比べて電気代が高いことから、インバータ付きのエアコンといったような省エネ製品が広まっている。ベトナムでは今後も需要の拡大が続くと考えられているため新工場を建設し、現地生産を行うことによって製品供給力を強化。事業展開を加速していく。


▼外部リンク

ダイキン工業株式会社 ニュースリリース
http://www.daikin.co.jp/press/2016/160722/index.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る