地盤リスク診断サービスを開始、コマツ

更新323

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 地盤リスク診断サービスを開始、コマツ

地盤リスク診断サービスを開始、コマツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年07月13日 05:00

施工現場の地盤リスクを診断
コマツは7月8日、建設現場の課題を解決するためにソリューション事業「スマートコンストラクション」において、応用地質株式会社と協業することにより、施工現場の地盤リスクを診断することができる新サービス「JudGe5(Judge for Urban Development by Geo-Engineeringの略)」を開始したと発表した。

コマツのスマートコンストラクションは、国土交通省が推進する「i-Construction」の基準に準拠するだけでなく、現場に有益なサービスを提供していく。

地盤リスクの判定や地盤情報を提供
「JudGe5」はコマツのクラウド型プラットフォーム「KomConnect」にて、建設現場の位置情報をもとにして1から5までの段階に分けて、地盤リスクを診断するサービスだ。

システムの内容としては「JudGe0」で応用地質のデータベースをもとにして、ゆれやすさ、活断層、液状化の可能性、浸水の可能性、土砂災害の可能性などの自然災害リスクと、地盤崩壊・変形・沈下、泥濘化、液状化、環境汚染などの地盤リスクに関するレポートを提示する。

その後さらに検討が必要と判断された場合に、有料の追加サービス「JudGe1~5」で、段階に応じた地盤リスクの判定や地盤情報を提供していく。地盤に関する不確定要素を削減していくことによって、その後の対応に伴う工数およびコストの増加を防いでいく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

コマツ プレスリリース
http://www.komatsu.co.jp/CompanyInfo/press/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る