東芝、地下鉄用の非常走行用電源装置を納入

更新724

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東芝、地下鉄用の非常走行用電源装置を納入

東芝、地下鉄用の非常走行用電源装置を納入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月16日 20:00

安全・高耐久で停電でも安心の電源装置
東芝は6月14日、東京地下鉄に車両用の非常走行用電源装置を納入したと発表した。既に3月から納入を開始しており、搭載車両は4月から営業運転を行っている。

チタン酸リチウムを採用した二次電池「SCiB」と、充放電制御装置を組み合わせた非常走行用電源装置で、東京メトロ銀座線の1000系車両40編成分を納入した。

氷点下でも稼動する高耐久性も特徴
装置に採用されている「SCiB」は、外力などで内部短絡が発生しても熱暴走が起きにくく、耐低温特性を備えるのが特徴。真冬の氷点下でも、性能を発揮する。

東芝が営業車両向けの非常走行用電源装置を納入するのは、今回が初めてとなるが、「SCiB」の安全性と高耐久性が評価され、今回の受注へと至った。

東芝は
今後も、先進的な鉄道車両用システムを国内外で展開し、安全性と利便性を両立した鉄道輸送の実現に貢献していきます
(プレスリリースより)

と述べている。

また、「SCiB」は自動車やバス、鉄道などの乗り物や、エレベーターなどの産業機器、発電所などのインフラ設備など、さまざまな用途に利用できることから、積極的な販路拡大を展開する方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社東芝のプレスリリース
http://www.toshiba.co.jp/cs
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る