JFEエンジニアリング、三重県鈴鹿市清掃センター改修対策事業を受注

更新724

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. JFEエンジニアリング、三重県鈴鹿市清掃センター改修対策事業を受注

JFEエンジニアリング、三重県鈴鹿市清掃センター改修対策事業を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年04月20日 05:00

一般廃棄物処理施設を更新
JFEエンジニアリングは、4月18日、三重県鈴鹿市より「鈴鹿市清掃センター改修対策事業」を190億5,000万円(税抜き)で受注したことを発表した。

環境省の調べによれば、平成25年度に稼働中の一般廃棄物処理施設のうち、約半数は稼動後15年を経過。今後も、基幹的設備改良工事や更新需要が高まると予想されている。

受注概要
このプロジェクトは、基幹的設備改良工事と運営業務を一体としたDBO(設計・建設・運営)方式を採用。経年劣化が見られるボイラ、減温塔の部分更新をはじめ、灰出設備等の工事を実施する。

また、押込送風機やガス混合送風機をインバーター化することで、施設を省エネルギー化し、CO2排出量を従来比3.7%以上削減。今回の大規模改修に対しては、このCO2削減量などに応じ、環境省より循環型社会形成推進交付金が交付される予定だ。

なお、基幹的設備改良工事は2021年3月までの5年間、管理運営業務は、2017年4月から2034年3月までの17年間実施していく計画である。

地球環境保全に貢献
同社は、都市環境プラントのリーディングカンパニー。

今後も、自治体の財政負担の軽減に努めるとともに、環境負荷低減社会の実現に貢献していく方針である。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

JFEエンジニアリング ニュースリリース
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2016/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る