大成建設、床仕上げ用ロボットを新開発

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ゼネコン>
  4. 大成建設、床仕上げ用ロボットを新開発

大成建設、床仕上げ用ロボットを新開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年04月19日 18:30

土間工の負担を軽減し、作業効率をアップ
大成建設は4月18日、コンクリート床仕上げ作業を行うロボットを開発したと発表した。

「T-iROBO Slab Finisher」と名付けられた新開発のロボットは、土間工が無線で遠隔操作し、人が行うより3~4倍作業効率が向上する。これによって従来の土間工や、土間仕上げ用機械による作業に対して、省人化、効率化が可能になった。

床面積が広い施設の床仕上げに活用
土間工が行うコンクリート床仕上げ作業は、常に中腰の姿勢で行わなければならず、身体への負担が大きかった。このため多人数での作業や、休憩を入れながら長時間かけて作業を行うため、作業効率や費用面での課題があった。

土間仕上げ用機械を用いた作業でも、機械の重量が大きいので運搬に労力がかかるうえ、適用場所も制限される。新開発の「T-iROBO Slab Finisher」は、重量が約90キログラムと軽量なのが特徴。土間仕上げ用機械が使えない型枠や、デッキでも活躍する。

大成建設では今後、物流倉庫やショッピングセンターなど床面積が広い建物の仕上げ工事に、積極的にロボットを活用していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大成建設株式会社のプレスリリース
http://www.taisei.co.jp/about_us/release/2016/1439209847031.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る