協和エクシオ、茨城県に2か所のソーラー発電施設を完成

更新921

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 協和エクシオ、茨城県に2か所のソーラー発電施設を完成

協和エクシオ、茨城県に2か所のソーラー発電施設を完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月28日 01:00

茨城県に2か所で2メガワット超の発電事業
協和エクシオは7月23日、茨城県内にソーラー発電施設が完成し、営業運転を開始したと発表した。

新たに完成したのは小美玉市の「エクシオ石岡ソーラーファーム」と、石岡市の「石岡北府中発電所」の2か所。

2か所で合計約2,010キロワット
「エクシオ石岡ソーラーファーム」は、協和エクシオ・石岡総合技術センタの建物屋上と敷地内を活用し、合計3,984枚の太陽電池モジュールを設置。出力は約1,175キロワットで、年間予想発電量は一般家庭の約250世帯分の電力消費量に相当する約130万4,072キロワット時の見込み。

「石岡北府中発電所」は約1万平方メートルの土地を賃借し、2,780枚の太陽電池モジュールを設置。出力は約834キロワットで、年間予想発電量は一般家庭の約170世帯分の電力消費量に相当する約90万7,552ワット時。2施設で合計2メガワットを超えるソーラー発電となる。

協和エクシオは2012年から発電事業を開始。東京都の協和エクシオ・府中総合技術センタを皮切りに、現在は全国で6か所の発電施設が稼働している。

このうちメガソーラーのみに限ると、「エクシオ石岡ソーラーファーム」は5か所目となる。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

株式会社協和エクシオのニュースリリース
http://www.exeo.co.jp/news/15/news20150723.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る