丸紅、宮城県岩沼市の28.3MWメガソーラーが完成

更新524

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 丸紅、宮城県岩沼市の28.3MWメガソーラーが完成

丸紅、宮城県岩沼市の28.3MWメガソーラーが完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月21日 12:15

「いわぬま臨空メガソーラー発電所」営業運転開始
丸紅は5月19日、宮城県岩沼市に開発した大規模太陽光発電所「いわぬま臨空メガソーラー発電所」の竣工式を行った。

新たに完成した大規模太陽光発電所は2012年6月に岩沼市により公募され、丸紅が事業者として選定されたもので、事業主は100%子会社のいわぬま臨空メガソーラーである。

最大発電出力28.3メガワット、想定年間発電量は一般家庭約8,000世帯の年間使用電力量に相当する2,900万キロワット時を見込む。

メガソーラー事業を通じて地域の復興を支援
開発地である宮城県岩沼市相野釜西地区は、東日本大震災で被害を受けた農地のある地域。地権者や関係機関などの理解と協力を得て、東北最大級のメガソーラーが実現した。

丸紅は今回のプロジェクトについて、東日本大震災から4年が経過し、復興への取り組みは進みつつあるものの、本当の意味での復興はいまだ道なかばと認識していると述べた。

そのうえで、「いわぬま臨空メガソーラー発電所」事業を通じて環境負荷の少ない社会の実現と、地域の再生・産業振興に支援を行っていく方針だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

丸紅株式会社のニュースリリース
http://www.marubeni.co.jp/news/2015/release.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る