福島県の複雑な起伏のゴルフ場跡地にメガソーラーを完成 JFEエンジニアリング

更新223

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 福島県の複雑な起伏のゴルフ場跡地にメガソーラーを完成 JFEエンジニアリング

福島県の複雑な起伏のゴルフ場跡地にメガソーラーを完成 JFEエンジニアリング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月18日 11:00

地形をいかしたメガソーラーを完成
JFEエンジニアリングは、3月16日、福島県のゴルフ場跡地において「サニーソーラー福島中央発電所」を完成したことを発表した。

なお、今回のプロジェクトは、オリジナル健康食品の企画販売等を行っているサニーヘルスが、福島県須賀川市のゴルフ場跡地においてメガソーラーによる電力供給を行うものである。

新発電所の概要
「サニーソーラー福島中央発電所」は、複雑な起伏と100メートルの標高差がある山岳傾斜地に建設された。

同社は、土地の形状を1メートル間隔で測量し、パネル約10万5,000枚の最適配置を行うとともに、傾斜地でのパネル設置に適した2足架台を採用することで、発電量の最大化に努めたという。

なお、設備容量26.2MWで、年間発電量は、一般家庭8,000世帯分の消費電力に相当分の2,600万kWhを見込み、発電した電力は再生可能エネルギー買取制度(FIT)により、全量東北電力に売電される予定である。

今後の展開
同社では、4月より発電エンジニアリング本部を新設する。

これまで100カ所にのぼる太陽光発電所を手掛けた実績をいかし、今後、事業化企画からプラントの設計建設、事業運営までワンストップのサービスを提供していくかまえだ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

JFEエンジニアリング ニュースリリース
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2015/20150316101821.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る