底面と側面それぞれ温調可能な2回路温調ドラムヒーターを開発、マイセック

更新322

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 底面と側面それぞれ温調可能な2回路温調ドラムヒーターを開発、マイセック

底面と側面それぞれ温調可能な2回路温調ドラムヒーターを開発、マイセック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年01月06日 22:00

2回路温調ドラムヒーターを開発
株式会社マイセックはドラムヒーターを製造・販売しているのだが、底面と側面のそれぞれを温調可能な2回路温調ドラムヒーターを開発し発売する。

ドラム缶の内容物はグリス・ワックス・ワセリン・苛性ソーダ・ラード。そしてドラム缶の用いられる業種としては塗料・自動車・医薬・食品・建設などだ。

マイセックはドラム缶内にある、固形物や粘度の高い液体を加熱することによって粘度を下げ材料の取り出しを容易にできるドラムヒーターを製造・販売している。

効率よく加熱することが可能に
そこで今回は新たに底面と側面をそれぞれ温調可能な「2回路温調ドラムヒーター」を開発し、医薬品と工業材料メーカーそれぞれに向けて発売する。

このドラムヒーターは、ドラム缶に入っているものを側面と底面から加熱するベースヒーターと、これらを正確に温度制御する温調盤から構成されている。

ドラム缶内容物を効率よく昇温していくためには、より広い面を利用して熱によるダメージを与えることなく緩やかに加熱することが重要だ。

新たに開発されたドラム缶は、底面と側面を別々に温度制御することによってより効率よく内容物を加温がすることができる。デジタル温度調節器を搭載しており、加熱面の温度操作も簡単だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社マイセック
http://www.misec.co.jp

プレスリリース(DreamNews)
http://www.dreamnews.jp/press/0000104946/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る