京セラTCLソーラー、世界最大規模の水上メガソーラーを開発

更新725

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 京セラTCLソーラー、世界最大規模の水上メガソーラーを開発

京セラTCLソーラー、世界最大規模の水上メガソーラーを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月23日 21:30

千葉県「山倉ダム」の水上に13.4MWメガソーラー
京セラと東京センチュリーリースは12月22日、千葉県市原市の工業用水道専用「山倉ダム」において、水上メガソーラー発電事業を行うと発表した。

千葉県企業庁が10月に公募した事業に、京セラと東京センチュリーリースが共同出資した「京セラTCLソーラー」が事業候補者としてとして選ばれた。

千葉県企業庁が管理する「山倉ダム」の水上に、京セラ製太陽電池モジュール約5万枚を設置し、世界最大規模となる約13.4メガワットのメガソーラー発電所を建設する。水上設置型メガーソーラーでは、世界最大規模となる。

発電所の年間発電量は一般家庭約4700世帯分の年間電力消費量に当たる約1万5635メガワット時。年間のCO2削減量は約7800トンとなる見込みで、営業運転の開始時期は、2016年3月の予定だ。

地元企業の協力を得て地域発展にも貢献
水上セガソーラー発電事業では、「京セラTCLソーラー」が発電事業の運営を行い、東京センチュリーリースが発電設備のリース・ファイナンスを担当する。京セラグループの担当は発電所の設計・施工、太陽電池モジュールと周辺機器の供給・維持管理など。

また、地元企業の協力を得ながら発電所の建設や維持管理を進めるとともに、近くに環境学習施設を設け、子どもたちへの環境学習などを通して地域貢献にも努める方針だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

京セラ株式会社、東京センチュリーリース株式会社のニュースリリース
http://www.kyocera.co.jp/news/2014/1204_dsil.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る