丸紅、木曽岬干拓地にてメガソーラー発電所の運転を開始  

更新325

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 丸紅、木曽岬干拓地にてメガソーラー発電所の運転を開始  

丸紅、木曽岬干拓地にてメガソーラー発電所の運転を開始  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月20日 12:00

干拓地でメガソーラーを建設
丸紅は、12月16日、全額出資子会社「木曽岬メガソーラー」による木曽岬干拓地でのメガソーラー(大規模太陽光発電所)案件について、建設工事が完成し、商業運転を開始したことを発表した。

なお、丸紅の国内におけるメガソーラー案件は、大分県大分市の82MW案件をはじめ、8件、14カ所。総発電容量は約200MWに上るという。

新発電所概要
「木曽岬(きそざき)干拓地メガソーラー」は、三重県桑名郡木曽岬町、桑名市、愛知県弥富市にまたがる82ヘクタールの干拓地に建設された。

発電出力は49MW、想定年間発電量は、一般家庭約14,500世帯の電力量相当分の5,200万kWhを見込む。

なお、2012年、三重県、愛知県の公募により丸紅が事業者として選定され、2013年5月に三重県、愛知県と基本協定を締結。同年7月に着工し、今回の商業運転開始に至ったという。

環境負荷低減に貢献
丸紅は、今回の運転開始をうけ、2015年2月3日に竣工式を行う予定だ。

同社はこれからも、再生可能エネルギーの普及に努め、メガソーラーだけでなく、水力発電、洋上風力発電や地熱発電等も積極的に推進していくかまえだ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

丸紅 ニュースリリース
http://www.marubeni.co.jp/news/2014/release/00087.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る