SPNがベイシアの33施設の屋上で太陽光発電設備を開発

更新326

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. SPNがベイシアの33施設の屋上で太陽光発電設備を開発

SPNがベイシアの33施設の屋上で太陽光発電設備を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年06月27日 22:00

屋上でメガソーラーを建設
Solar Power Network(以下、SPN)は6月26日、ベイシアが展開する33施設の屋上を賃借し、合計29MWを生成する太陽光発電所を建設することを発表した。

ベイシアはショッピングセンターチェーンを経営しており、地域の地方自治体と「災害時における物資の供給協力に関する協定」等を締結し、地域の災害支援拠点としての機能強化を推進中だ。

なお、新発電所の電力の一部は全店舗で災害時の非常用電源として使用されるという。

(画像はニュースリリースより)

新発電所概要
新発電施設の総出力は一般家庭約9,250家屋分の消費電力に相当する29MWで、CO2排出削減は年間68万トン分を見込む。

SPNは発電所の設計・建設から管理運営までを一括して行い、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」により、全量を売電していく。

なお、2014年内に発電を開始し、2015年内には17の施設で順次、設置される予定で、新店舗で最初に導入されるのは2015年春オープン予定の群馬県・伊勢崎駅前店だという。

両社の地域貢献
SPNは、今回の大規模プロジェクトのような再生可能エネルギーの普及を通して地域貢献をしていくかまえだ。

一方、ベイシアは、クリーン・エネルギーを使って災害救援体制をさらに進化させることで、さらなる地域貢献に努めていく。


▼外部リンク

Solar Power Network・ニュースリリース(共同通信PRワイヤー)
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M102297/

Solar Power Network・ホームページ
http://solarpowernetwork.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る